【石膏ボード壁】ねじやピンを挿しても簡単に抜けない方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
新製品,石膏ボード用アンカー
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




石膏ボード壁用ねじパテ・画びょう・アンカー!

天井や壁紙の下に設置される石膏ボード。耐火・遮音性に優れており、マンションをはじめ多くの住宅に使われています。石膏ボードの主原料は、鉱物である石膏と再生紙。木材ではないですから、壁にねじやピンを打ってもしっかりとまらず、崩れてボロッと取れてしまったりします。

それでもどうしても壁にねじを挿したい場合には、ちょっとした道具があります。1つは、石膏ボード壁用のねじパテでねじ穴を補強するという方法。これなら、開けてしまった穴の補修にも使えます。

新製品,石膏ボード用アンカー

他には、石膏ボード壁用の画びょうなるものも販売されています。そしてさらに斬新なのが、石膏ボードアンカー。手ドラでビスをねじ込んでいくと、石膏ボード内でアンカーの先端が4つに割れ、がっちりロックされるというもの。

いずれにせよ、壁にねじやピンを挿すということは、当然ながらキズをつくってしまうということ。賃貸・分譲住宅にかかわらず、どうしてもという場合でなければ、むやみにキズを付けない方がいいかも知れません。

free画像,壁紙,穴,破ける

建築現場であらゆるところを養生し、少しのキズも汚れも付けないよう細心の注意をはらって作業する職人たち。そんな彼らの努力を知る者としては、施主といえども安易に家にキズを付けて欲しくない。というより、施主だからこそ大切に住んで欲しいと思ってしまう次第です。

建築職人が命がけでつくった家はすでに完成品! 家とは住む人が育てるもの、なんてことをよく言いますよね。以前どこかで目にした記事に、海外で本...
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする