焼きたてパン・炊きたてご飯はもったいないけど即【冷凍保存】が正解!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
free画像,カットパン
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

失敗しないパン・ご飯の冷凍保存方法と解凍方法!

焼きたてふわっふわの食パンを買ってきたとき。残ったパンは常温放置、1日2日たったら冷蔵庫へ。という方が多いのではないでしょうか。ですがパンにとっては空気が一番の敵。常温保存だとカビが生え、冷蔵保存だと乾燥してパサパサに。そうして空気に触れている分だけ、どんどん味が落ちていきます。

それに常温より冷蔵が、パンの品質を劣化させる温度帯(約0℃~約3℃)だといわれています。加えて食パンは、はからずも冷蔵庫内のにおいを吸収する脱臭効果を発揮してしまうため、さらに味が落ちるんですね。

free画像,キッチン

炊きたてご飯も同じ。炊飯器でずっと保温にしておくと、乾燥してかちかちになります。言わずもがな、パンもご飯も出来たてが一番美味しい状態。その状態をキープするには、空気に触れさせないよう「冷凍保存」するのがマストなのです。

冷凍保存方法はいたって簡単。どちらも出来たての粗熱をとったら、食べる分だけ1個ずつラップに包み、それを庫内の臭いが移らないようフリーザーバッグに入れて冷凍するだけ。そのとき、食材が劣化しやすい温度帯をできるだけ速く通過させるために、急速冷凍させます。

free画像,トースト

急速冷凍機能がなくても、金属製のトレーやアルミホイル、保冷剤の上にのっければOK!そして食べるときは、ご飯はラップに包んだままレンジでチン。パンはラップを外し、凍ったままトースターで加熱します。どちらも凍ったまま加熱するのがミソ。なぜなら凍った水分が蒸気になって、食材をふっくらさせてくれるからです。

焼きたてパン・炊きたてご飯は、もったいないと思っても即冷凍が賢い選択。ただし時間がたって乾燥してから冷凍しても、出来たて状態には戻りませんのでご注意くださいw
それと、もう1つ注意点。冷凍パン・ご飯の賞味期限は、2週間くらいと考えておいてください。2週間以上冷凍保存しておくと、どうしても冷凍焼けを起こしてしまいますので。

free画像,白飯

賞味ではなく消費期限ということであれば、1ヶ月くらいまでならギリギリ大丈夫でしょう。冷凍保存なのに?と思われるでしょうが、家庭用冷凍庫は業務用冷凍庫とは温度などスペックが違いますので、冷凍とはいえやっぱり劣化するんですよ。

さて。もったいない気持ちに打ち勝って、パンもご飯も即冷凍保存!そうして、出来たての美味しい状態をキープしてくださいね。やってよかったと思えるはずですよっ♪

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする