職人と作業員の違い|一般的には同じ意味でも建設現場では雲泥の差!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
free画像,外人左官,床作業
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

プロの建設作業員には誰でもなれる!?

私たちは建設作業員のことを、よく職人と呼びます。土木でも建築でも親方でも手元でも、皆同じく職人さん。反対に建設現場では、例えばボード屋・クロス屋・設備屋というように、個々の職種名で呼ぶのが普通。現場にいるのは皆職人ですから、区別するためにはそうなります。

ですが彼らは、自分のことをあまり職人とは言わない。なぜかというと職人という言葉には、また違ったニュアンスがあるからです。もちろん、自分は職人だと名乗る人もいます。鳶や型枠大工をやってるといって通じない一般人には、その方が手っ取り早い。でも下手に同業者に、自分は職人だと名乗ってしまうと大変。大恥をかくなんてことにもなりかねません。

free画像,建設現場,クレーン,ビル

というのも、作業員には誰でもなれる。でも職人には、高度な技術や知識・豊富な経験・優れた人間性が必要。職人とはそういう人たち。だから自ら職人だという人は、それなりの自信があってのことだと判断されてしまうからです。

職人と作業員。一般的には同じ意味に使われますが、実際現場で働く人々にとっては、まったく言葉の重さが違うのです。当サイトコラム「幸田露伴【五重塔】あらすじ|名工が必ずしも名棟梁という訳ではない!」でも書きましたが、いくら腕が良くても人望やコミュ力がなければ、真の職人とは認められません。

free画像,現場室内,電気配線工事

そういう意味で職人と作業員には違いがある訳ですが、だとしてもそれを専業にして生計を立てているのなら、どちらもプロということになります。例えまだ始めて2、3ヶ月の見習い作業員だったとしても、もうアマチュアではなくプロ。

そういう人は、プロの職人ではなくプロの作業員。そう考えるとなおさら、職人という言葉の重みをずっしりと感じます。

土木作業「ヨイトマケの唄」は長らく放送禁止だった! 以前、美輪明宏の「ヨイトマケの唄」を聞き、気付いたら泣いていたということがありました。...

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする