建設業務の派遣が禁止されてるのはなぜ|建設労働者の雇用の改善が目的!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
free画像,型枠大工,オレンジ色ベスト,たくさん
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

そもそも派遣スタイルで修行はできない!

建設作業員の派遣が禁止されているというのは、皆さんご存知かと思います。建設労働者の雇用の改善のためということですが、厚生労働省の許可を得た、有料職業紹介事業や建設業務労働者就業機会確保事業などを利用するのはOK。ではなぜ派遣だとダメなのでしょうか?

派遣は一般的に、登録した派遣会社が雇用主ですが、実際は派遣先である別の事業主の下で働くという仕事のスタイル。派遣には契約期限があり、派遣先の会社が契約更新を打ち切ったり、直接雇用に切替えてくれなければ、最長3年で終わり。そこでまた新たに仕事を探すことになります。つまり派遣は、同じ会社で長期的に安定して働けるとは限らないのです。

free画像,高所作業,足場,作業員

建設業の人手不足は深刻。そうなってしまう原因の1つが、収入が安定しないこと。ただでさえ現場の有無や、天候によって収入が左右される業種。その上期間限定で働くというのは、さらに不安定要素になる。だから建設作業員に対して派遣を行うのはやめましょうという訳。

また、建設業は常に危険が伴う仕事。なのに、現場に出たら誰の指示で動けばいいの?万一事故があったときの責任は誰がとるの?という状態になる可能性がある派遣。だから安全衛生上認められない、という理由もあったりします。

free画像,溶接工,黄色メット,髭

それに何年何十年も修行し、職人としての技術や知識、安全意識を習得するのが建設作業。もし仮にずぶの素人が派遣でやってきて3ヶ月現場にいたとしても、社会科見学で終わってしまうでしょう。同じ素人でも、気概をもって入社した職人見習いとは雲泥の差。そういう点でも建設業務の派遣はムリ、ということになるのかも知れませんね。

仕事の技能や知識が自身の個性を育てる! 楽して稼ぎたいというのが人の常。私が以前会社員だった頃、それをリアルに叶えている羨ましい人を何人か...