【発泡スチロールの家】ドームハウスってなに?メリットや値段をご紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
free画像,発泡スチロール,白
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

クレーン不要|職人3人~4人なら約1週間で完成!

一般的な建物の構造材といえば、木材・鋼材・コンクリートなど。ですが発泡スチロール(発泡ポリスチレン)を構造材にした、ドームハウスというものがあるのをご存知でしょうか?
レンガ調の発泡スチロールタイルやブロックで内壁を装飾するDIYが人気ですが、こちらは装飾どころではなく、発泡スチロール材でつくり上げた家そのものなのです。

free画像,発泡スチロール,白

石川県のジャパンドームハウスという会社が独自開発し、国土交通省から認定を取得。その特殊な発泡スチロール材のピースを組み立てた住居が、ドームハウスということ。腐食しないので、耐久性バツグン。軽いので耐震性もよく、クレーン作業も不要。3人~4人職人がいれば、1週間ほどで施工できてしまうのだそう。

またドームという形状は積雪や強風につよく、冷暖房の熱効率もグッド。省エネ住宅ということになるかと思います。雪洞「かまくら」や、モンゴルの移動式住居パオ(ゲル)に通じるものがあるかも……。

free画像,モンゴル,パオ

発泡スチロールと聞くと、段ボールハウス的なものを想像してしまいますが、れっきとした住宅だったんですね(汗)

値段は、普通の発泡スチロールのようにはいかず、スタンダードモデル(44.20㎡/13.37坪)だと使用するパーツ代のみで、約250万円といったところ。他、施工費+諸経費がかかりますから、1棟700万円~800万円くらいになるのだとか。(要確認)

free画像,屋根雪下ろし

微妙な値段ではありますが、屋根の雪下ろしが必要な地域の高齢者向け住居。あるいは短期施工が可能なため、被災地の仮設住宅にしたら、さらにいいかも知れませんね。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする