缶コーヒーは1日2本まで|適量なら薄毛予防・美肌・老化防止効果も!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
free画像,コーヒー豆4種
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




微糖でもスティックシュガー3本分くらいに相当!

夏場の水分補給に、麦茶やスポーツドリンクは定番。ですがそれとは別に缶コーヒーは、車移動のお供に欠かせないという方も多いのではないでしょうか。さらに最近では、コンビニコーヒーも人気。安い上に、コーヒー専門店に引けをとらない味ですからね。

いずれにしろ、1日2本は当たり前。一応糖分を意識してブラックとか微糖とか気を遣いつつ、3本4本いっちゃったりして。ですが残念なことに、微糖でも缶コーヒー1本のカロリーは約30kcal~約40kcal。スティックシュガー3本分くらいに相当するのです。

じゃ、ブラックならがぶ飲みしても問題ないかというと、確かにカロリーはゼロですが、ミルクやクリームなどが入っていないため、その分カフェインで胃を荒らすリスクがあります。緑茶・紅茶・ウーロン茶もしかり。

free画像,メット職人,屋根上

とはいえ、ここで朗報です。コーヒーには抗酸化作用のあるコーヒーポリフェノールという成分が含まれているので、“薄毛予防・美肌・老化防止”などの効果が期待できるのです。つまり飲み過ぎはNGですが、1日1本~2本にとどめておけば、職人にもってこいの飲み物。なぜなら職人てヘルメットで頭が蒸れますし、紫外線で肌がボロボロになりますし。

やっぱりモテたい!という方は、ほどほどにコーヒーを飲んでみてくださいねっ。ちなみに自販機では販売されていませんが、カフェインレスコーヒーやタンポポコーヒーも、なかなか美味。

タンポポコーヒーとは、タンポポの根から作るコーヒー風味の飲み物で、こちらも育毛効果が期待できます。そもそもは、不妊症や母乳の出を良くするってことで妊婦さん愛飲のハーブなんですけどね(汗)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする