建築現場の【墨出し】とは?|レーザーでも墨つぼは必需品です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
free画像,測量イラスト,黄黒
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レーザーで墨打ちするってウルトラマンかっ!

墨出しとは、施工前の更地や型枠工事後の構造体などに、工事の基準となる目印(水平をだす・造作などの位置を示す)をつける作業。図面をもとに測量し、わり出した位置に墨つぼやチョークラインを使って正確に線を引いていきます。

測量・墨出し専門の職人もいれば、現場監督や大工、あるいは電気工などが個々にやる場合もあります。また測量作業には、ピタゴラスの定理(三平方の定理)や三角関数といった数学的知識も、ある程度必要となります。

free画像,測量士2人

具体的には、図面をもとにトランシットあるいはレーザー墨出し器+スケールで基準点をきめ、水平や垂直ラインなどをだす。そのライン上で、スケールなどを使って必要な長さを測る。そして測量したその点と点を、墨つぼやチョークラインという道具を使って結ぶということになります。

墨つぼというのは、例えば木材に鉛筆やマジックで線を引こうとすると、木目にとられて線が歪んでしまったりします。そこで基準点にカルコ(軽子)という針を挿して、もう一方の点まで糸を張り、墨汁が染みた糸をピンとはじいて線を引く。つまり、きれいな直線を一瞬にして引くための道具なのです。(直線だけでなく、曲線を引くことも可能)

free画像,鉛筆,木テーブル

このように、墨で印をつけていく作業だから、墨出し。これは、飛鳥時代から行われているマーキング方法。現代の建築現場でも、墨つぼによる線引きは普通に行われています。ですがWeb上で、「今はレーザーで線を引いたりチョークラインを使うことが多いので、墨つぼは現場から消えつつある」といった文章をいくつか見かけました。

それってレーザー墨出し器が、ウルトラマンのスペシウム光線的なものを放ち、壁や床を焼いて線をつけるってこと?いつそんな怖い機能を搭載したの?と不安になったので、今回墨出し・墨つぼについて取り上げてみました。

free画像,緑レーザー光

現場ではレーザーで線を引く?焼く?のが主流、などという話がどこから出てきたのかわかりませんが、とりあえず現時点での墨打ちは、墨つぼが一般的。ちなみに、チョークラインはチョークの粉。拭けば消えるものですから、墨が使えない見えかかりや外壁などに使うんですよ。

差し金はピタゴラスの定理を応用している! 建築職人が使う道具に、金属製の「差し金」というものがあります。曲尺(かねじゃく)ともいいますが、...

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする