サンルーム・テラス囲い・ガーデンルームの違い|メリット・デメリット!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
free画像,ベランダ,黒ラブラドール
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




固定資産税課税や建ぺい率オーバーに注意!

サンルームとは?

海外の戸建では、はじめから設計されることが多いサンルーム・ガーデンルーム。日本では、リフォームで増築するケースがほとんどかと思います。新築に組み込むと、なかなかお高いオプションになるので(汗)

そもそもサンルーム・テラス囲い・ガーデンルームとは、天井や壁や扉をガラス張りにし、たくさん太陽光を取り入れられるようにした部屋のこと。だからsun room(太陽の部屋・日光浴室)。

サンルーム・テラス囲い・ガーデンルームのメリット

free画像,イラスト,雨の日洗濯

サンルームなどは特に女性に人気のようですが、その理由は何といっても、雨の日でも広々と洗濯物が干せる。また衣類に花粉がつかない、下着を盗まれる心配がない。晴れた日なら、太陽光や窓から入る風で洗濯物を乾かすことができるなど。

それに、室内飼いのペットを遊ばせるのにもいいですし、悪天候や鳥・虫害などから守れるため、ガーデニングにも適しています。夏にはデッキチェアを置いて日焼けをしたり、ビール片手に花火をみるなんて楽しみ方もできるかも知れません。

free画像,デッキチェア2つ

これらはまさに、サンルーム・テラス囲い・ガーデンルームのメリット。いいことだらけではありますが、だからといってメリットしかないという訳ではありません。デメリットについては後ほどご説明しますので、少々お待ちくださいね。

サンルーム・テラス囲い・ガーデンルームの違い

free画像,テラス,籐椅子

さて次に、サンルーム・テラス囲い・ガーデンルーム、と毎回長々と書いておりますが、これらは太陽光を取り入れるという用途は同じ。でも微妙な違いがあるので、区別しているのです。そこで、まず先にそちらをご説明したいと思います。

サンルームというのは、ルームとつくように延べ床面積に含まれますし、布基礎が採用されることが多め。これはガーデンルームも同じ。(テラス囲いも、延べ床面積に含まれます)

とはいえサンルームとガーデンルームは、メーカーによって呼び方が違うだけの場合もあります。マンションの、アルコーブとポーチのような感じですね。

free画像,瓦屋根の家,サンルーム

サンルームは、開口部が狭く気密性が高め。さらに、ペアガラスで断熱性を高めることも可能なのに対し、ガーデンルームは気密性・断熱性が低め。それはガーデンルームが庭との一体感・開放感を重視し、開口部を広くしているから。
設置場所もガーデンルームは庭先、サンルームは庭先や2階ベランダ・バルコニーといった違いになります。

一方テラス囲いですが、既存テラスの屋根に囲いをつけたもの。建築物というより短期施工の囲いなので、気密性・断熱性・水密性はサンルームに劣ります。水密性ということでは、ガーデンルームも折戸パネルなどで開口部を広くしてアウトドア感をだすため、強雨による水漏れがあったりします。

サンルーム・テラス囲い・ガーデンルームのデメリットと対策

free画像,紅白シェード

そしてこれらに共通するデメリットですが、「夏は暑く冬は寒い・天井などの結露(冬場)・ガラス張りなので、まめなメンテナンスが必要・費用が高い・セキュリティの問題」。他に、「増築なので登記の変更が必要・建ぺい率がオーバーしてしまうケースもある・固定資産税がかかる・外壁工事をすることで、従来の家のメーカー保証が打ち切られる可能性がある」というデメリットもあります。

free画像,文字,rules

これらのデメリットを知らずに設置すると、“こんなはずじゃなかった”になったりするので注意が必要です。ですが、知った上で対策を講じておけば大丈夫。例えば、使用する屋根・窓・扉の材質、あるいは換気システムなどのオプション機能によってデメリットは大幅に軽減されます。そうしてコストをかけた分、資産価値も上がります。

ただし建ぺい率オーバーなどの法的な問題は、対策を講じてどうにかなるものではありません。ですから、工務店に工事を頼むにしろDIYで取り付けるにしろ、その辺はしっかり確認するようにしてくださいね。

戸建宅配ボックスは思ったほど使えない!? コンビニ受取りや宅配営業所止めという手もある! 宅配ボックスとは、受取人が不在のときに届いた荷...