建設製造業|後輩に作業のコツを教えて欲しいと言われた時どうしてる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
free画像,工場,機械,ポイント溶接
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

上達して初めて教わったコツの意味がわかる!

建設から製造業へ転職した知人。少々年齢はいっているものの、玉掛けやフォークリフトの免許を持っていることもあってか、見事正社員として採用されました。ですが入社してしばらくは、マシーンを使った部品加工の手仕事。単純作業なので難しいことはないはずなのに、どうも上手くいかない。

そこで先輩工員数人に作業のコツを聞いたのだそう。すると人によって対応が微妙に違った。例えば「そんなの慣れ。慣れれば誰でも上手くできるようになるよ」としか言わない人。また「こういう風にやるんだよ」と言って自分がやって見せてくれる人。あるいは「やってみ。あー君はここがこうなっちゃってるから上手くいかないんだよ」とダメなところを指摘してくれる人。

free画像,町工場,黄色機械

結局知人は、上手くいくコツをやって見せてもらったことより、今の自分が失敗している原因を指摘してもらったことで上達した。そうして上達したことにより、初めて先輩が見せてくれたコツの意味が理解できたのだとか。

教え方は人それぞれ。それに建設でも製造でも作業のコツは、最終的には数をこなして自分で会得するもの。それでも助言を求められたときに“そんなの慣れしかない”と言って終わりにするのは、正論とはいえちょっと冷たく感じてしまいます。

free画像,町工場,作業台,デスク

職人の世界はそんなに甘くないということなのでしょうが、同時に現場には面倒見のいい優しい人たちもいるというのが知人の話でわかり、ホッとしている次第です。

一々聞くなよと相手に思われるのがイヤ!? 30代で脱サラして建築職人になった知人。必死に修業して、わずか数年で一人親方になった根性の人。そ...
スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする