風水と家相は違うもの|中国は気の流れ日本は間取りを重視する!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
free画像,陰陽,八卦,風水盤
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




鬼門裏鬼門は迷信ではなく先人の知恵!

建売住宅や注文住宅を購入する際、風水や家相で間取りをみて考える方がいるかと思います。実はこの風水と家相は別物。風水は中国発祥で、気の流れを重視したもの。家相は中国の風水を取り入れつつ、日本の生活環境にそくしたものとなっています。どちらも占術あるいは統計学といわれており、根底にあるのは息災。

家相は日本の生活環境にそくしたものと言いましたが、それはこういうことなのです。例えば家相では北東は鬼門で、トイレ・バスルームはNG。南西は裏鬼門で、キッチン・パントリーがNG。

free画像,台所,窓辺,洗い物,緑

占い的に凶だから止めておこうでもいいのですが、そういう間取りを避けた方がいいというのは、安全快適に生活するための先人の知恵。というのは、北東にトイレ・バスルームがあると、寒い時期に死亡事故が起きやすくなる。これは現代ではいわゆるヒートショックとして、統計データで実証されています。

line画像,東京都健康長寿医療センター,グラフ

また南西にキッチン・パントリーがあると、暑い時期に食べ物が傷み食中毒などを起こしやすくなる。さらに季節風の影響で、かまどの火があおられて火事が起きやすい。だから縁起が悪いとして、避けるようにしていたと考えられます。

当サイトコラム「【逆柱】は怪奇現象を起こす?タブー視される真相を探ってみました!」でも書きましたが、逆柱は不吉だからやってはいけないというのと同じ。不吉というより、木材の末元口が逆だと強度に問題がでてしまうから。つまり怪奇現象を恐れる気持ちをうまく利用して、末元の取り違えをなくそうとしたということですね。

free画像,不吉,家,雲,モノクロ

そう考えると、断熱・気密性が高く電化製品も発達した現代の住環境では、さほど家相にこだわらなくていいのかも知れません。とはいえ不吉とされることをして、それだけでは説明がつかない災いが起きたなんてこともあったりして!?

信じる信じないは別として、私のようなビビリは、止めた方がいいということは、あえてしない。その方が、気持ちが息災でいられるようです。

古人は今とは真逆で完璧であることを嫌った! 以前「【逆柱】は怪奇現象を起こす?タブー視される真相を探ってみました!」というコラムを当サイト...
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする