【左官】は土壁職人に与えられた官位【右官】は今でいう大工のことだった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
free画像,白壁,漆喰
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




大化の改新の頃の建設業を支えていたのは左官と大工!

江戸時代、鳶・大工・左官といえば花形の職種でした。今でも人気の三職ですが、今回の「職人ちゃん」では左官について考察していきたいと思います。
話は飛鳥・奈良時代にまでさかのぼります。当時の建設業もやはり、土木系と建築系とがありました。といっても、土を扱うか木を扱うかといった、もっとザックリな分類ですが。

ですから、土壁職人の左官は土系。一方、木系の職人は今でいう大工で、その頃大工は右官と呼ばれていたのだそう。そして、そもそも左官とは、主典(さかん)という官位のこと。天皇がいる宮殿の営繕を行う職人に、律令制度における四等官制の位の1つを与えたものなのです。

free画像,チェス馬

土系が「さかん」で左なら、木系は右で「うかん」といったウイットだったのでしょうか!?
ですが日本では「左上右下(さじょううげ)」という言葉があるように、左と右だと右の方が下、左の方が尊いとされていますから、右官にしては気分がよろしくない!

そこで「うかん」という呼称はすたれ、「さかん」という呼び名の方だけが後世まで残ったようです。宮中に出入りするから便宜上官位を与えられたのか、いい仕事をしたご褒美としての官位だったのかはわかりませんが。

free画像,大工道具

ちなみに当時も大工(おおきたくみ)という言葉は存在しましたが、今の大工(だいく)とは別物。大工(おおきたくみ)というのは、政府の建設関連部署の技術系トップといったところ。作業員というより監督者のようなポジション。

木系の作業員は右官であり、その右官を大工(だいく)と呼ぶようになったのは、ずっと後の江戸時代になってからだそうです。左官も大工も、千年以上前の律令制度の名残り。とはいえあまりにも昔の話なので、これらの語源には諸説あるようですが……。

free画像,白ヘルメット,男性

いずれにせよ、左官も大工も、日本の歴史・文化を継承し続けている、すばらしい職業であることは確か。もちろん、他の建築職も!その各々の秀でた専門技術が必要とされているから、存在しているんですもんねっ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする